2008年11月20日

突然の闘病生活

お兄ちゃんのヨーキー ミルのお話になります。

RAN&ANG で記事にすることを悩みましたが、病院での出来事や、疑問がいくつもあったのでミルの記録として記事にしました。
楽しい記事ではなく、すごーく長くなりますのでスルーしてください。

ミルはシニア世代になる、ヨーキーの男の子クマ
RANのダーリンといっても、2匹はプラトニックなカップルですが・・・揺れるハート
RANにとって大好きなお兄ちゃんです黒ハート

ミルのお腹が急激にパンパンに腫れている事に気づき、かかりつけではなく救急対応の病院で診てもらうことに。

≪1日目≫
診断後、腹水が溜まっていることが判明。
この時点で【280cc】の腹水を抜き 入院。
いくつかの検査をして、数日後のエコー検査後経過を見て退院できる予定
※この時点で、肝臓の数値がよくない

≪2日目≫
AM 担当医の先生よりTELで、カルシウムの数値が低いので輸血を行う旨の
連絡あり(ゴハンは食べず)

≪数時間後・・・≫
PM 担当医の先生よりTELで、
先生『もともと皮膚病などで顔を痒がっていましたか?』
母「いえ。そのようなことはありません。何かありましたか?」
先生『顔が腫れているので、消毒させていただいてもいいですか?』
母((動揺))「はぃ・・・。」
先生『では、輸血を行いますので』
母((動揺))「はぃ・・・。」

電話を切った後、冷静になった母は消毒って怪我をしたってこと??どーして?
初日の診察の時に口の周りや、歯を担当の先生は診察されているはずなのに・・・。
母に疑念が生まれた瞬間でした。
そして、この担当医の先生とお話するのも、このお電話が最後になったのです。

父に心配だから面会に行こうと言うも、
「また置いていかれるのに顔を見せるのは、可哀相だ!」
という父の言い分を聞いて、この日はガマン顔(泣)


≪3日目≫
時間不明 病院よりTEL。数値がまだ正常値になっていないため。これから輸血を行う旨の連絡あり。
昨日、顔が腫れていた件を伺うが担当医より、その件については申し送りされていないので・・・という雰囲気で、たいしたことなかったのかと母は安心する。
ミルは、元気な様子でゴハンも食べるようになったと報告を受ける。

明日お迎えにいけるexclamation×2やっと退院です。


≪4日目≫
退院当日。私も父母と共に病院へ

待合で待つこと数十分。。。。
看護婦さんが、黄色いドットのバンダナをしたミルを抱えて・・・
ミルの顔は、左の上唇がはれ上がって、ピンク色の皮膚が盛り上がりその部分の毛とヒゲはバッサリ切られていました。
スグに抱きしめると・・・ゴツッ・・・・軽ッ・・・・

どーして??

病院に連れてきたときには、3.28キロあった体重はANGよりも軽くなって骨が浮き上がっているのが見て分かるほどでした。

???とミルに会えた喜び、痛々しいミルの姿に悲しみが一気に押し寄せ、体も奥歯もガクガク 震えが襲っていました。

まもなく、診察室へ呼ばれ担当医ではない先生から病状の説明をされました。
ミルの病気は恐らくコチラの病気が疑わしいと思います。と出してきたのは医学書のページをコピーしたようなもの。
そこには『蛋白漏出性腸症』という文字が。

(男)先生
『ちょっと難しい言葉で載ってますが、読んでいただければ病気はわかります。
食事療法が必要になりますので・・・とコピーの裏に書かれた食べさせていいものを指し(カッテージチーズ・ご飯・納豆・大豆・豆腐)コチラです。』

ミルのアルブミンという数値が正常よりも、かなり少なかったので正常数値まで回復したのは輸血の効果があったそうです。
検査報告書として数値が書かれているものをいただくべきでした。

そして、
母は痺れを切らせて、口の状態を説明して欲しいと、診察していただきました。
近くでよく口を見ると、腫れていた左上唇には大きな穴がポッコリと空いていました。右上唇は毛を切られていなかったのでスグには確認できなかったのですが、こちらも腫れていました。

(男)先生
『ミルちゃんが噛んでしまって、下の犬歯が刺さって穴があいてしまっているようですね』
と説明

とうとう父が、
「今の状態は私達も見て分かります。なぜこのような状態になったのかの説明をして欲しいのです」
(男)先生『確認してきます』

カルテを片手に戻った(男)先生は
(男)先生『毎日、朝昼夕と体調のチェックをしています。その時に気づいてご連絡したようです。』

母「エッ??輸血の時に気づいたのでは??」

カルテを指差すも、差す指は定まらずカルテには何も書かれていないようでした。
≪2日目≫に電話をいただいた経緯を母が話しましたが、カルテにはこんなに酷い顔の腫れについての経過や消毒処置した事が一切書かれていないんです。

これはあくまで予想ですが、輸血の際に嫌がって、マズルを強く押さえつけられて出来た傷だったとしても、仕方ないことだと思うんです。
痛がって暴れるでしょうし、押さえつける必要があるんですから。
でも、それならそうとちゃんと報告していただきたかったんです。
言葉の喋れない犬に聞くことはできませんが、怖い記憶は強く彼らに残ってしまうのです。
ミルはよっぽど泣いたのか、声帯がかれてクーンと泣くこともできないのです。
今は空気の抜けるような音が「ゼーゼーダッシュ(走り出すさま)」とするだけです。

帰り際、席を立つ頃に この男性医師は、
(男)先生
『今回、病気の症状からして末端の手足や唇が腫れるという現象が起きる可能性もあるので、腫れた所を噛んでしまったのかも』
という説明をしました。

であれば、もちろんカルテに記載しなければいけませんよね??
今回の病気によって出た症状を観察し改善してもらうために、入院させているんですから。

私達は納得できず、処置をした担当医も不在のようなので本人に経緯を聞いて何があったのかを書面で作成していただくことをお願いしました。

その後の説明はマッハのごとく早く、
(男)先生
『お薬は抗生物質はお口の炎症や化膿にも効きます。
ステロイドは4日分です。
療法食の缶詰は3種類どれが好みか決めて次回またご購入ください。
では3日後またいらしてください』
と。

ステロイドって、とても強く副作用が出る場合もあるお薬ですよね。
ちゃんと聞かずに帰ってきてしまったけど、この病気には効果的なお薬の1つだと後々調べて分かりました。
2つのお薬はもともと、腹水の原因となった【蛋白漏出性腸症】の症状に対して出されたお薬。
お口の為に出してもらった薬はないんです。だから、この薬は何に効果があってーという説明が欲しかったな。とってつけたような抗生物質の効果は「お口の・・・」説明にイラつきを覚えました。

抗生物質も長期にわたるとよくないというのは、RANの時にも散々先生とお話して伺ってましたから。今後もこんなに強いお薬を続けて行くのか?とか、今後の方針についてまでお話が進むことはなく終了しました。

病気の説明にしても、頂いたコピーでは小難しく私には殆ど理解不能でした。
それにこの内容が80年代のようなのです。
そんな時代のしかなかったの・・・という落胆もありました。
医療って常に進んでいるので。
早速、ネットでお勉強を開始しました。

【蛋白漏出性腸症】は簡単に言うと
なんらかの原因で腸粘膜から蛋白質が漏れてしまい、漏れる量が吸収する量を上回ると、低蛋白血症に陥り、食べてもやせる、腹水や胸水が溜まるなどの症状がでて、嘔吐や下痢を伴うことが多いのですが、まれに嘔吐や下痢が見られないこともあります。(ミルは後者でした。)

一匹一匹について病態が違うし、お薬に対する反応が違うので難しく、完治することはなく、症状をコントロールするというのが治療。
蛋白質を多く含む食事を与えて防ぐ食事療法が効果的だそうです。

※ある院長先生のセミナー報告が、とても分かりやすくご紹介されていたので自分なりに噛み砕いて引用させていただきました。

完治することはなく・・・という言葉に、涙が出てしまいました。
でも悲観してばかりいても、どーにもなりません。
蛋白質を多く含む大豆や療法食で、体重が増えて安定してくれるのを祈るばかりです。

ただ今後この病院との付き合いに不安がいっぱいです。
セカンドオピニオンや、かかりつけの病院で今後は治療をした方が良いのか?
色々と頭を抱えています。
病院を変更する場合、カルテを頂くことは可能ですよね?
なるべく、検査でミルに負担を掛けたくないので。

父も母も全身麻酔をして負担の大きい検査や手術は希望していないので、これからは定期的に血液検査で数値を確認して病気を悪化させないようにしたい というのが家族みんなの意向です。


病院選びの難しさや、RANがシニア世代になる遠くない将来に沢山の課題があることを痛感させられました。
大切な我が子を救うために、
ミルにとって最善の選択をした父と母。原因を追究して完治させたいと思った私。
いくつもの選択肢があって最善を選ぶ事の重さに押しつぶされてしまいそうです。
今回も泣いてばかりいた私にそんな決断ができるのかと。

「お別れの日がいつかは来る。泣いて治るなら泣くけど違うだろ。」と言われ、ハッとさせらました。

死。。。分かっていながらもいつも避けていた事でした。
私がもっともっと強く成長して受け入れることができるまで、ミルには1日でも長く長く傍にいて虹と願うばかりです。

とても長くなってしまい、ごめんなさい。
ここまで気合で読んでいただいた方、本当にありがとうございました。

自宅でのんびり過ごす、ミルの瞳にキラキラとした輝きがまた戻ってきましたぴかぴか(新しい)
右♂ミル 左♀ラン.jpg

ニックネーム RANGママ at 16:15| Comment(17) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミルくんとっても辛い思いをしていたんだね。読んでいて私まで腹が立ってしまいました。
私達飼い主は病気を治してあげることはできないから、先生を信頼してわが子をお願いするしかないよね。もし治療中に何かあったとしても誤魔化さずに対応してくれればいいのに・・・おかしいことは決して誤魔化すことなんてできないのだから・・・・。
ミルくんの食事などこれからは気をつけていかなければいけないことがあるけど、きっと良い方向にむかっていくよグッド(上向き矢印)
私も陰ながら応援していますハートたち(複数ハート)
我が家のるんなも私達より先に逝ってしまうでしょうけどるんなの一生がいいものであるようにこれからもるんなを大切に守っていきます。RANGままも一緒にがんばろーねぴかぴか(新しい)
Posted by ゆーゆん at 2008年11月20日 17:20
その病院許せません!!
ミスを隠すようなことをしているとしたなら不信感でいっぱいです!!

ミルくん、声がかれるまで泣いて辛かったね…。
ちょっとづつでも元気を取り戻して行けるように陰ながら応援しています!!
Posted by たまこ at 2008年11月20日 18:38
本当に、病気は生きている限りさけられないことですよね。
悲しいけれど…
なので、飼い主は最善の治療をさせてあげることが使命なんですよね。
病院はもしミルくんの負担がなければ、
セカンドオピニオンは必要かと思います。
私…パパの病気でこういうこといやというほど味わいました。
病院選びってとっても難しいと思うんです。
腕はよくても親身でなかったり…
親身でも腕が…とか。
でもまずはその先生が信頼できなければ、
別のところに相談に行くのは絶対だと思います。
そのほうが、後々安心ですものね。
不安をいただいたまま、これでいいのか?
って思いながら、病気と向き合うのは、お勧めできません。
あとで後悔することが一番悔しいですから…
どうかいい先生が見つかり、治療がいい方向に向くことお祈りしています…ぴかぴか(新しい)
Posted by Mintママ at 2008年11月20日 20:02
何だか信用できない感じの病院ですね! みるちゃんの恐怖心と痛みなどを想像するだけで涙がでます。カルテを貰えないとしても、信頼して長く付き合える病院を探してあげた方が、みるちゃんには良いのでは・・・・。それと、入院したときなど、可能な限り様子をうかがいにお見舞いするのもいいのでは? 勝手に意見を述べてすいません
Posted by まりーまま at 2008年11月20日 21:16
RANGママさん、大変でしたね犬(泣)

なんだか信用できない病院ですね。
なんで、こんなに矛盾する点が多々あるんでしょう?
しっかりしていないのか、本当のことを隠そうとしているのか・・・

今後一生治療が必要となると、信用できる先生にお願いしたほうがいいですよね。
もし、かかりつけの病院が信用できる先生なら、その病院で治療をした方がいいのかもしれませんね。
きっとカルテはもらえるんじゃないですか?
でも、その病院の検査ってちょっと信用できない気も・・・たらーっ(汗)

これから、いろいろ大変かもしれませんが、ミルくんがすこしでも良くなって、元気に過ごせるように祈ってますね犬(笑)
Posted by メイプルママ at 2008年11月21日 10:06
犬(泣)つらくて悲しいことがあったんですねたらーっ(汗)
聞いていて腹が立つけど私たちには病気は治せない・・・悔しいけど・・・たらーっ(汗)
そんなすがるような気持ちで病院に行っているのに、誤魔化すだなんて・・・顔(泣)
今度 病院名教えてね・・・近いと思うから・・・顔(ぷんっ)
うちも娘が3歳の頃に点滴をすることになったんです。
ベッドの上で不安そうに涙をこらえて我慢している娘の小さな血管に なかなかうまく針がさせないようで、二人組みの若い研修生が笑いながら「うまくいかない〜」なんてやってるんです・・・ちっ(怒った顔)
そして何回も、何回も針をさし続け、それでも笑ってるんです・・・あせあせ(飛び散る汗)
娘はもう目に涙をためながら泣くわけでも騒ぐわけでもなく耐えてました。
私も もう我慢できないっと怒りで「やめてください」と言おうとしたら 先生が気付いて無事に点滴をしてくれました。
もう悲しくって悔しくってその後涙がポロポロでてきました・・・もうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

そんな人たちが病院の先生になっているかと思うとぞっとします。
信頼できない病院は行かないほうがいいですよね・・・バッド(下向き矢印)
なんだか関係ない話をずらずらしてしまってごめんなさい。

ミルくんの病院の事聞いたら そのことを思い出しました。
ミルくん早く楽になるといいね。元気になることを祈ってるね・・・犬(笑)
 
Posted by ココアまま at 2008年11月21日 16:37
ミルくん、かわいそうでしたね。
ふつう、麻酔とかするんでしょうけど。。。
病院選びは大切ですね。
説明ができない病院は後悔することになるので
わたしはできるだけそういうところに行かないようにしています。
こっちは素人だから説明しても分からないと思っているのか、
いい加減な説明で不安を助長する医者が多いことも事実かも。
原因は不明でも、状況とそれに対する緩和、治療法などを費用と比べて相談してくれる医者を探すのがいいですよ。
私はいままで、たくさんの子たちを見とってきたので、
この先生でよかったと思えるお医者さんに巡り合えました。
でも、その前には幾度か悔しい思いもしています。
RANちゃんたちも、みんな、いづれは通る道だから
いい先生にめぐりあえますように。
Posted by クラウン at 2008年11月21日 22:08
ミル君、痛かったでしょうねもうやだ〜(悲しい顔)
もし自分で噛んでしまったとしたにしても、病院側に不都合で無かれば話してくれたのかも?
落ち度があったから、説明出来なかったんでしょうね顔(ぷんっ)
救急対応の病院で、いつもの病院では無かったんですよね
なら、いつもの病院の方がミル君も安心かな?
セカンドオピニオン、私は良いと思います
一つ不信感を抱いたら、信頼する気持ちが無くなりますよね
ミル君の一日も早い回復を祈ります
体重も早く元通りになるといいですね
Posted by momoママ at 2008年11月22日 19:28
黒ハートゆーゆんさん黒ハートたまこさん黒ハートMintママさん黒ハートまりーままさん黒ハート
メイプルママさん黒ハートココアままさん黒ハートクラウンさん黒ハートmomoママさん黒ハート

みなさん本当にミルの事を心配していただきありがとうございます。
初めて病院を疑い信用できなくなりました。
皆さんの辛い経験も一緒に思い出させてしまい、同じように悔しく、腹が立つ思いをされている事を知り
何だか病人に対して、なんでそんな仕打ちができるんでしょうか。
とっても悲しいことですね。
犬だからといって言葉がしゃべれなくとも、その子を見ればわかりますよね。
病気の事でもつらいのに、こんな目に合わせてしまったことを、とっても後悔してます。
皆さんがおっしゃる通りこれからは、今までのかかりつけの病院へ移転する予定です。
沢山のアドバイスそして、あたたかいコメントとっても元気をいただきました。
どうもありがとうございました。
Posted by RANGママ at 2008年11月24日 00:51
ミルくん、大変だったんですね。
記事を読みながら私も怒りが爆発してしまいました。
うちも以前獣医さんには泣かされた事があるので絶対にセカンドオピニオンは必要だと思っています。
私はあの獣医さんを今でも許す事が出来ないしその病院にしか連れて行ってあげなかった自分が情けないです。
わんこは言葉が喋れないから飼い主がわかってあげないとかわいそうですよね。
ミルくんも病院を変えるのは正解だと思います。いい獣医さんに出会えますように願っています。そして怪我と病気が一日でも早く治りますように。。。
Posted by サリナ at 2008年11月24日 10:21
読んでいて、すごく悲しい気持ちでいっぱいになりました、
先生方は、犬は喋れないからとでも
思われたのでしょうか??
ミルくんは、体や姿でお父様お母様に
ちゃんと状況を説明してくれましたね
なんて、良い子なんでしょう。。。。。
良いお医者様に出会えると良いですね
それは、ミルくんの体の為にも
ご家族の為にも。。。。祈らずにはいられません
病気は苦しくて悲しいこと。。。。
はなの時も私が倒れそうでした、
RAGママさん無理はしないで下さいね
Posted by はなママ at 2008年11月24日 23:10
黒ハートサリナさん黒ハートはなママさん

本当にありがとうございます。
今後の記事でも少し経過報告をさせていただこうかと思ってます。
父も母も今回の事で、数日の入院でこんなに辛い思いをさせてしまった事を悔やんで、もぅ入院はさせたくない・・・
もうこれ以上何もしたくないと・・・頑なになってしまって。。。
今後の治療もドコまでしたら良いのか?という話をしています。
また病状が悪化した場合、治療法とされている輸血もせずに、ミルの命が短くなってしまうかも・・・と思うと、胸が張り裂けそうになりました。
ただただ少しでもいいから、幸せなままミルが元気でいてくれるのを祈るばかりです。
親身にコメントをしてくださり、読んでいてまた涙が溢れてしまいました。
両親にも見てもらっているので、両親に代わって本当にありがとうございます。
Posted by RANGママ at 2008年11月25日 14:52
ご実家のミルくん
大変な思いをされていたのですね(/_;)
私ったら自分の事で精一杯で、ママさんが
こんなに悲しい思いをしていたのに、気づいてあげられなくてゴメンナサイ(;_;
医者にしても病気の事にしても
もどかしい思いでいっぱいです。
病気は悲しいです。。。
みんなと同じでいたいのにお薬、治療と越えなければならない事が沢山です。。。
ミルくん。ママさんの家族で良かったね!
家族皆さんの気持ちがひとつになって
病気と闘っているんですね。
ミルくんに一番合った治療法が一日も早く見つかって、キラキラ可愛いおめめがもっともっと輝いて欲しいと思います。
Posted by アンライまま at 2008年11月25日 22:03
なぁ、射精する時ってどこに出す?
付き合ってた女がマン●の近くで出すとブチギレてたんだが、
ここの女は中田氏しても怒らなかったぜwww
中田氏されるのが大好きだから、いつもピル飲んでんだって♪
やりたい放題でウメーwwwwwww

http://pinkxxxx.net/shaburitai/iJFo5xDF
Posted by まげフ at 2008年12月01日 21:54
お久しぶりですあせあせ(飛び散る汗)訪問遅くなってしまってごめんなさい顔(泣)

その後のミルくんの調子はどうでしょうか?
記事を読んでいて、かわいそうでかわいそうで涙がでてしまいました顔(泣)
その病院、やぱりひどいと思います顔(ぷんっ)
辛い思いを皆さんされたのですね。。

今は大変な時かと思いますが、
ミルくんが元気になれるよう、頑張って下さいねかわいいかわいい
私は何もできませんが、早く良くなるよう
お祈りしていますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
Posted by ☆ソフィア☆ at 2008年12月02日 10:50
こんばんわ〜☆
昨日はお疲れさまでしたぁーー!!!
久しぶりにRANちゃん&ママさんにお会いできてとっても嬉しかったです☆☆

今回の記事読ませていただきましたぁ。。
ホント言葉の喋れないのに・・・・
獣医ならあたりまえに分かってることなのに・・・・
ひどいですよね。。。

ミルくん、違う病院でいっぱいいっぱい
元気になってね☆☆
アク☆バブもパワーたくさん送るからね^^
ママさんの負けずに頑張って!!!

Posted by ゆんこ at 2008年12月08日 21:04
大変でしたね・・・
本当病院によって納得いかない事とかがあると怖くなりますね〜
ワンコはお口がきけないからいいなりですもんね・・・
信頼できないお医者様は辞めた方がいいと思います。そこでしか治療できない施設とか設備が・・・ってなら別ですけど、やっぱり信頼できないといつも不信ですものね。
ミルくんなっとく行く治療が出来る獣医さんで治療して早く元気になれますように・・・
Posted by myuu mama at 2008年12月08日 21:09
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1578693

この記事へのトラックバック

アルバイト - 大阪十三のメンズエステ求人募集
Excerpt: 『脱がない』『舐めない』『触られない』当店は男性のお客様を癒すお仕事で、アロマオイルを使って全身のマッサージを行なうお仕事です。20歳〜35歳位迄、未経験の方大歓迎!ハンドマッサージのエステでも真面目..
Weblog: アルバイト - 大阪十三のメンズエステ求人募集
Tracked: 2012-01-20 08:13

高知県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 高知県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2012-07-02 23:09

栃木県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 栃木県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2012-08-14 01:56

福井県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 福井県 - 直あど交換所
Tracked: 2012-11-04 13:37

福井県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 福井県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2013-03-19 22:48